おすすめメンズエステ5選2021

【体験レポート】水道橋「Studio Amorous -スタジオ アモラス-」森咲あんな/メンエスの域を超えた「森咲ワールド」を女子が体験してみたら…

体験レポート
この記事は約10分で読めます。

今回レポートする「Studio Amorous -スタジオ アモラス-」森咲あんなさん

みなさんこんにちは、リフガイド女子部でライターをはじめてから、すっかりメンエスの虜になっている女子ライター・ミクニシオリです。

時は4月、リフガイド女子部の取材で、スタジオアモラスのマット講習会を見学したミクニ。そこで講師として参加していた森咲あんなさんの施術をはじめて見た時、メンズエステの概念がガラッと変わってしまったのです。森咲さんの施術を見学した時の感想を一言で表すなら「バーレスクショー」。ね、普段からメンズエステに通っている猛者のみなさんでも「どういうこと?」と思うでしょ?

この施術をどうしても、この身で体感してみたい。そう思った時には、予約DMをしてしまっていたのでした……。「バーレスクショーメンエス」の意味が分かりかねるという人も、このレポを読んだら、きっと森咲さんに一度会ってみたくなるはず。

Studio Amorous -スタジオ アモラス-の最新情報やセラピスト情報はこちら▼
【お店】Studio Amorous -スタジオ アモラス-
【セラピスト】森咲あんな

オイルの女神のもとへGO♡

実は、リフガイド女子部の「トップセラピストに聞く」インタビューでもお会いしたことがある森咲さん。整体師としての施術経験も長く、施術台とマット、どちらも独創的な施術をしているとお伺いしていました。

ちなみにフリーライターとして日々せっせと働いているミクニ、普段からMacBookとにらめっこばかりしているので、肩こりも腰痛も歳のわりには限界を迎えています。毎朝、起きた瞬間から身体がだるいあの感覚……デスクワークの人は共感できるはず。

森咲さんはリピーター率も高い人気セラピストさんなのだそうで、予約日が思ったより後ろ倒しになりまして、腰の痛みはもはや限界を超えつつある頃、やっと待望の予約日がやってきました。

降り立ったのは、文京区春日駅。このあたりは水道橋、後楽園など駅も密集しているので、どの駅から来るにもアクセスがよく嬉しいですね。春日駅のあたりは完全にオフィス街っぽい雰囲気なので、先に飲食店を探すなら水道橋駅で降りるのがおすすめ。

予約時間までチェーンのカフェで暇を潰しながら、時間ぴったりにお店に電話。ルームの場所を聞いて、はやる胸を押さえながらインターホンを鳴らしました――。

女神級ホスピタリティに感涙

「ミクニさ〜〜ん♡」

ドアを開けると、森咲さんが笑顔でお出迎えしてくれました。大人っぽい落ち着いた話し方なのに、語調が天然っぽくて、なんだか不思議な魅力のある人。お姉ちゃんなような、妹のような……今日も可愛らしい森咲さんに癒やされつつ、ルームにイン。

お茶を飲みながら、まずはカルテを記入。疲れている箇所や指圧の強さについての質問項目もあって本格的でした。

カルテを提出したあとは、コース内容を確認。整体施術も得意としている森咲さん、施術台での整体施術のみのコースも用意されているそう……これはこれで需要がありそう。

裏面には森咲さん専用のメンエスメニュー表も。”オイルスプラッシュの女神”、”ビーナスメンテナンス”など、オリジナルな施術が並んでいます。どんなものか聞いてみたら「説明が難しいから、体感してみてね♡」とのこと。まあ、全オプション追加済みなんですけどね……。ということで今回は120分コースで、オプションが全部ついてくる「Annaファストパス」を追加してもらいました。

コースと料金Pretty-time120分:23,000円
森咲あんなさん指名料:3,000円
Annaファストパス:4,000円
合計:30,000円

しばし歓談を楽しんだあと、バスルームに案内してもらいます。ルームの中でお着替えをするのですが、お着替えのアシストもしてもらえるそう。私もサマーニットやスカートを脱がせてもらったのですが、下着を脱がせてもらうのはちょっと恥ずかしくて……。

「森咲さんっ、ここからは1人でできます……!//」
「ええ〜?じゃあそうだね、今日は許してあげよっかな♡」

と、嘘か冗談か分からない感じでからかわれて赤面。照れ散らかしながら1人、バスタオルを身体に巻きつけました。

手をつないでバスルームまで案内してもらい、汗だくのカラダをシャワーで洗います。そういえば、バスルームのシャンプーやボディーソープが『Aesop』だったのが個人的に高ポイントでした……!女子にも大人気のナチュラルな香りのスキンケアブランドなのですが、強すぎない香りでおすすめ。カラダからAesopの香りがする男子、ミクニだったら惚れちゃう。

スタジオアモラスのルームは、全室マットと施術台がどちらも用意されています。施術に自信のあるセラピストさんが多いとのことで、お客さんの要望に合わせて、マットと施術台の時間の割合を調整できるのだそうです。

シャワーを終えてお部屋に戻ると、施術台の前に足湯を用意してくれていました。バスソルトのいい匂いでお部屋が包まれていて、気持ちが落ち着きます。かわいい桶の中で足つぼをマッサージされながら、スクラブで角質ケアまでしてもらえちゃった。ホスピタリティがすごすぎて、何屋さんに来たのか分からなくなってきた。

施術台でがっつり本格整体

フットケアが終わったら、施術台でうつぶせに。身体の歪みを確認してもらいながら、普段の生活習慣などをヒアリングされつつ、森咲さんの指はしっかりとミクニのダメなとこ(肩腰)に食い込んできます。ピンポイントすぎて、全然違う意味での喘ぎ声が漏れちゃう。肩、首、腰、お尻、足……まんべんなく流してもらったあとは、骨盤矯正のストレッチまでいれてもらえます。

「ミクニさんはちょっと右が固いかな〜」と言われながら、普段は伸びない部分がぐんぐん伸びて、お腹がめっちゃ鳴りはじめるミクニ。普段使えていない筋肉が伸びて、内蔵の動きがよくなっている証拠なんだとか。そのあとはあたたかくてなめらかなホットストーンを使って、カタイところをゴリゴリ……美容ライターも務めており、整体やエステにはジャンキーな方のミクニから見ても、超本格的な施術に驚きました。

最後に、目元にタオルを置きながら仰向けの施術を受けて終了。目元のタオルを取ってもらった時には、いつの間にか森咲さんがとってもセクシーな衣装に着替えてくれていてまた赤面。この衣装の変更は、お客様のお行儀次第で変わっちゃうようで、「託してくれるお客様には、う~んとセクシーになっちゃう♥」のだとか。

施術台から降りてみると、とにかく身体が軽くて羽が生えたような気分です。さあ、心も身体も高揚した状態で、今度はマットに移動します――。

バーレスクならぬ、森咲ショーの開幕

マットに移動する頃には、いつの間にかルーム内のBGMが六本木のクラブかな?という雰囲気の4つ打ちEDMに切り替わっていました。これが森咲スタイル。ここからはジェットコースターのような、森咲オン・ザ・ステージがはじまります。

うつぶせで施術がはじまった瞬間から、ありえん量のオイルがそけい部〜腰付近にドッバー。あったかくて質量のあるオイルは、ぶっかけられるだけでも謎の快感。マットの上はオイルの海なのですが、そんなことはおかまいなしに、音楽に合わせたかのようなリズミカルな動きで、森咲さんのやわらかい身体が迫ってきます。

この時も、もちろんそけい部付近や胸付近を触られる時は、ぬるっぬるのオイルが絡みついて思わず喘ぎ声が出そうになったりもするんですけど、それ以外のマッサージも普通に気持ちいいんですよ。背中や足もオイルでがっつり流してくれるので、施術台にいる時とはまた別の気持ちよさ。施術台ですでにゆるんでいた身体がさらにほぐれていく上に、時折気まぐれみたいに、ギリギリのラインを触ってくれる森咲さんの手がもうね。女性相手にこんなに興奮したことあったかな、ってくらいきゅんきゅんぬれぬれって感じでした。

仰向け施術のタイミングでは、大きめのポットにいっぱいのローションジェルを森咲さんが自分の胸元にドバァ。Fカップの胸元からどっぱどぱにあふれて落ちてくるジェルローションが気持ちよくて「もうだめえ//」と思わず口走ったら、森咲さんが「カワイイ〜♡」って褒めてくれました。なんなのもう!心身気持ちよすぎるよぉ!

仰向け施術中は森咲さんの身体も肉眼で拝み放題なのですが、これがもう女子目線で見ても超理想的なんです。おっきなお胸、ちゃんとしまったくびれ、でも柔らかく手を沈ませることができる腰のお肉。何食ったらこの体型になれるんだろ。

もうこの頃には「ローション風呂入ってたんだっけな」と思うくらい、マットの上はぬるんぬるん。シンプルに、この状態のマットで体幹を維持しながらマッサージをしている森咲さん、絶対すごいんですよね。施術にスピード感があるので、やられている私からすると常に「何をされているのか意味不明」という感覚なのですが……。時折、やわらかい部分にミクニの手を持っていってくれるので、おっぱいと勘違いして「えっこれ、触っていいんですか……⁉」と聞いたりすると「いいよ〜お腹だけどね♡」と返されたりして、終始翻弄されっぱなしでした。

「ゆるませ」と「ブチアゲ」の絶妙なバランス

最後は仰向けからヘッドスパに移行。マッサージを受けているだけなのに、五感を働かせすぎて疲れてしまったのか、数分のマッサージだったのに少しウトウトしてしまいました。ヘッドスパで朦朧としている状態の中で、バスルーム前に最後のリラックスタイム。ホットストーンをツボに置かれて、目元にホットタオルが乗った状態で、森咲さんのシャワータイムを待ちます。この時はもう本当に寝落ちてしまったので、何分くらいかよく覚えていないのですが……。

シャワーから戻ってきた森咲さんが、最後にホットタオルとストーンを取ってくれた時、やっとシャバに生還。寝ぼけまなこでシャワールームにつれていってもらって、これにて120分コースが終了です。

整体もマットも満足感が高く、緩急もものすごかったので、体感は120分とは思えないような濃密さでした。3〜4時間くらいはルームにいたような気がしています。幻のジェットコースターバーレスクショー、これが森咲ワールド……!

着替えながらぼーっとお茶を飲んでいたら、お土産までもらってしまいました。ラブすぎる……!ちなみに誰でももらえるわけではないようなのですが「仲良しさんにはたまにね♡」とのことでした。彼女を育成するアドベンチャーゲームでもやっている感じだ……。

最後も手をつないで、玄関先まで送ってもらいました。手を握りながら森咲さんが「ミクニさん、肌すべすべだね♡」とか褒めてくれるので、なんだか心まで元気になります。こんな人が彼女だったら……とか思いながら、森咲さんはみんなの森咲さんなので、抱きしめたい気持ちをグッと堪えて、手を振ってルームのドアを閉めたのでした。

メンエスの概念を飛び出した独自施術に感服

森咲さんの施術に一言感想を述べるとすれば「やぁん、そんなのはじめて…♡」って感じでした。とにかく、新感覚。もはやメンエスの枠を飛び出しているというか、まさに森咲ワールド。身体がしっかりゆるんでいる分、いろんな感覚が鋭くなっている感じがあって、ソフトドラッグ的な効果を感じていたような気がします。

「マッサージはしっかり受けたい」、「でも色っぽさはほしい」。そんなメンエスフリークの需要を、他のセラピストたちさんとはまた別の形でしっかり満たしてくれました。メンエスで新しい扉を開けてみたいなら、人生に一度くらいは森咲さんの施術を受けてみるべきだと思います。ミクニはしっかり「女の子でもイケちゃうわ」という危ない扉を半開きにされました。予約の埋まりやすいセラピストさんなので、ご予約はお早めに〜!

取材・文/ミクニシオリ

Studio Amorous -スタジオ アモラス-の最新情報やセラピスト情報はこちら▼
【お店】Studio Amorous -スタジオ アモラス-
【セラピスト】森咲あんな
1992年生まれ・フリーライター。週刊SPA!、週刊女性などの週刊誌、その他WEBメディアに恋愛や性にまつわる記事を寄稿。自身の恋愛経験を活かしてtwitterで恋愛相談にも回答。カルチャーにも素養がある生粋のサブカル女子。
https://twitter.com/oohrin

コメント

タイトルとURLをコピーしました