インタビュー

トップセラピストに聞く!「cococaraspa-ココカラスパ-」高垣レイナさん/潔癖でセックス嫌いな私が作る「クリーンなメンズエステ」

インタビュー
この記事は約7分で読めます。

トップセラピストに聞く!「cococaraspa-ココカラスパ-」高垣レイナさん

メンズエステ界で活躍する人気セラピストを恋愛コラムニストとしても活躍する、ライターの久留米あぽろさんがリフガイド女子部としてインタビューします。今回は、都内でメンエス店2店舗を運営する高垣レイナさんに『オーナーセラピスト』としてお話を聞かせていただきました。オーナーとしての役割からメンズエステの今後、さらにはご自身のお仕事歴まで存分にお話を聞かせていただきました。

現場を知っているオーナーセラピスト高垣レイナさんに聞く

メンズエステの業界にも、ここ数年「オーナーセラピスト」という存在が増えてきました。

現場で働くのは女性、でも経営陣は男性ばかりというのが、これまでのメンズエステの総体でした。そんな中、セラピストとして実際に現場を経験された方たちの中で「自分が現場を見たからこそ、もっと女性の働きやすい環境を」と、オーナーとして店舗を持つセラピストさんも現れ始めました。

今回インタビューに答えてくれたのは、そんなオーナーセラピストの一人。『ココカラスパ』『ファンタジスタ』でオーナーを務めながら、自身もセラピストとして現場でも働く高垣レイナさんです。

今回のトップセラピスト
高垣レイナさん
cococaraspa-ココカラスパ-オーナー

少女の頃からセックス嫌いで潔癖症だった


久留米 高垣さんはどのような経緯で、メンズエステで働くことになったんですか?

高垣 私は北関東出身で、いわゆる”夜職”に当たる職業と、身近に生きてきたことが最初のきっかけだったかもしれません。高校を卒業してから、キャバクラ、チャットレディ、セクキャバなど様々な夜職を経験して、やっと今メンズエステで腰を据えることができた感じです。

久留米 ちょっと分かります。私も北関東出身なのですが、高校生くらいの頃にはキャバクラや風俗をする先輩が身の回りにいたし。そういう職業の需要が高いから、ハードルを高く感じないところがありますよね。

高垣 まさにそうなんですよ!でも私の場合、夜職に偏見はなかったものの、生理的な部分で潔癖な性格があって。初体験をした学生時代から、正直セックスが嫌いだったんです。若い頃は特に、そういう思いが強くて、セクキャバで働いてるのに「胸を触られたくない」ってすごく思っていたんです。

久留米 ええ⁉でもセクキャバは胸を楽しむお店、みたいなところありますよね……それだと、稼げなかったんじゃないですか?

高垣 でも、一番頑張ってた時は月100万とか稼ぐ時もありました。結局、お触りとかセクシーさをウリにすることはできなかったんですよね。でも、お客様が来てくれないとお金が稼げない。だから、それ以外の部分で努力していました。

例えば接客中も、自分にとってちょうどいい距離感をお客様にも守ってもらえるように、表面的な身体のコミュニケーションだけでなく、心の親密なコミュニケーションをしっかり取ることを気をつけていました。接客が終わった後でも、惜しみなく時間を使って連絡を取り合ったりしました。「心で行う接客」は、今メンズエステで働く中でもとても活きているし、自分のポリシーとも言えることの一つかもしれません。

「心」で接客すれば、エロだけをウリにしないでいい

久留米 「心」の接客、ですか。それはメンズエステでは今、どう活きていますか?

高垣 正直これまでのいろんな夜職の中でも、一番「心」の接客が活きる仕事がメンズエステだと感じています。

メンズエステの業界では今、SNSを使ってお客様と交流することが主流になっていて、お店のHPを経由しなくても自分で直接お客様から予約を取れるんです。だからこそお客様はお店じゃなくて、セラピストさんにつくんですよね。でも、自分にお客様がついてくれていれば、お店を移動してもお客様が来てくれる。他のどんな夜職よりも親密な関係が築きやすい仕事だと思っています。

逆に言えば、どんなにマッサージが上手くても、胸が大きくても、それだけじゃダメな時もあると思うんです。お客様と向き合う力は、メンズエステで働くのにすごく大事なことの一つだと思います。エロが完全に目的の人は、風俗に行くはずなんです。そこを選ばずにメンズエステに来るお客様が求めるのは、やっぱりエロだけじゃないんじゃないかと思うんです。その先に求めてるものが必ずあると思うんですよね。セクシーさやエロを魅力にするのが苦手な子でもできるのが、メンズエステのいいところだと。だからこうして、潔癖な私でも続けることができたんじゃいかと思います。

久留米 具体的に、高垣さんはどんな心の接客を気をつけていますか?

高垣 まず、「SNS」での交流は惜しみなく行います。出勤時間が終わっても、休日でも。それは、勤務時間だけしかやらなかったら、”私仕事でSNSしてるんで”って言ってるように受け取られるから……お客様の立場を考えたら、それって興ざめしちゃうんじゃないかって思っちゃうんです。まずはお客様の心を優しく包んであげること。そのためには、ビジネスライクな関係じゃない方が良いと思っちゃうんです。

あと、オーナーとしてはお店の環境作りは気をつけています。鏡がキレイか、髪の毛は堕ちていないか……「お客様をお迎えする」という立場に立って、うちのお店ではセラピストさんたちにお部屋のお掃除もお願いしています。そういう私のポリシーのもと働いてくれるセラピストさんたちにももちろん、親密な話ができる関係値であれるように、とも思っています。

久留米 セラピストとしても、同性で現場を経験しているオーナーさんの方が、つらいことや困っていることが話しやすそうですね。

高垣 そうでありたいですね。オーナーが雑なお店は、セラピストさんたちも雑になってしまうから……掃除や接客など、しっかりするべきところはしっかりしながら、女の子の気持ちにも寄り添ってあげたいですね。

「過激な写真」使わずに、長く働いてほしい

久留米 経営者としては、メンズエステの業界をこれからどうしていきたいとお考えですか?

高垣 私は、もっともっとメンズエステの業界をクリーンなものにしていけたらなって思ってます。SNSでお客様と繋がれるのはいいことでもあるけど、今はちょっと発信が過激になりすぎていることも不安に感じてきています。

メンズエステは「抜きがない」お仕事です。でも、SNSで注目されるために、どんどん露出の激しい写真を載せてしまう子も多いように感じてます。それはそれで自分の魅力をアピールできるのかもしれないけれど、過激な谷間写真、お尻写真を見て予約してくれるお客様は、やっぱりセクシーさを求めてくるお客様なんじゃないかと思うんです。そうすると接客でもエロくないといけないし、加齢でスタイルが崩れたら来なくなってしまうお客様もいるんじゃないかと…。

エロでお客様にアピールする方法があって、若いうちはそれでいいかもしれないとも思います。でも、スタイルやエロだけを自分の魅力にしなければ、もっと長く働くことができる仕事なんです。人それぞれだけど、周りがエロい写真をアップしているから、私もそうしないといけないとは思ってほしくないとすごく思います。

久留米 なるほど。エロを自分の魅力にしないとなった時に、やっぱり高垣さんの言う「心の接客」も大事になってくるってことですよね。

高垣 メンズエステってマッサージがあるから、身体をほぐすことがまずできますよね。やっぱり「ほぐせる」っていうのが、他の高時給夜職にはない、メンズエステならではのコミュニケーションだと思うんです。

せっかくほぐすなら、身体だけじゃなくて心もほぐしてあげてほしい。そうすれば、セラピストさん自身も、お客様との気持ちいい関係値が作れると思うんです。少なくとも私のところで働く子には、そういうマインドセットも含めて教えてあげたいですね。

メンズエステではセクシーであることをアピールするセラピストさんもたくさんいます。でも、少なくとも高垣さんがオーナーを務める『ココカラスパ』『ファンタジスタ』では、セクシーさに自信がない子、エロい仕事に抵抗がある子でも、高垣さんが手取り足取り「自分の魅力探し」を手伝ってくれます。もちろん自分の魅力を知り、現在色気を使ってお仕事してる方でも更なる活躍へのアドバイスもしてくれますよ。

自分の魅力を見つけることができれば、仕事だけでなく自分の人生も輝くもの。今まだ輝きを見つけられていない方、面接で高垣さんとお話してみてはいかがですか?

久留米あぽろ

フリーライター&恋愛コラムニスト。女性に特化したインタビュー取材が得意。週刊誌や某ギャル誌の編集経験を生かした強ポテンシャルとメンタルで、今日も悩める女子を救います。男心は分からないけど、男性の幸せも願っている平和主義者。

コメント

タイトルとURLをコピーしました