【体験レポート】南越谷「Koshigaya Luxury(南越谷ラグジュラリー)」ねる/ オイルドバドバ系美女セラピストが高密着&超濃厚施術!次々に繰り出す甘美で刺激的なオリジナル技にメロメロ!

体験レポート
この記事は約8分で読めます。

今回レポートするKoshigaya Luxury(南越谷ラグジュラリー)ねるさん

皆さん、こんにちは。YATAです。

9月も半ばを過ぎて、だいぶ暑さが和らいできましたね。
スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋……。
秋には色々あるわけですが、やっぱりメンエスの秋に勝るものなし!
というわけで、今回も突撃してきました。

訪れたのは、『Koshigaya Luxury(南越谷ラグジュラリー)』さん。
今年1番お世話になっていると言っても過言ではないLuxuryグループのお店です。

なんでこんなに足繁く通っているかというと、1つはリーズナブルな料金設定。やっぱり90分で16,000円というのは魅力的です。もう1つが、セラピストさんのレベルの高さ。はっきりいって、これまでハズレなし!そりゃ通ってしまうというものです。

では、今回は?
これが本気(マジ)で特大ホームランでした。

予約〜お店到着

まずはお店へのアクセスを紹介します。
最寄り駅は『JR南越谷駅』です。

『Koshigaya Luxury(越谷ラグジュラリー)』さんもグループの例に漏れず、駅近に施術ルームが備えられているので、改札を出たらそこが電話スポットになります。

ちなみに隣接する『東武スカイツリーライン新越谷駅』を利用する場合は、東口が便利です。

ねるさんとご対面

スタッフさんの案内に従い、3分ほど歩くと施術ルームが入るマンションに到着。
インターフォンをプッシュすれば、本日のセラピスト・ねるさんとご対面です。

【女の子ツイッター】
https://twitter.com/luxury_neru

「はじめまして。今日はよろしくお願いします」

出迎えてくれたねるさんは、どこかあどけなさを残す正統派美女。
そのニッコリ笑顔は、出会った瞬間から心が和むキュートさです。
しかしスタイルは、スレンダーながらしっかりと女性らしい膨らみがある大人ボディー。
このギャップがたまりません。
本当にLuxuryグループには逸材しかいませんね。

「ではこちらへどうぞ」とエスコートされ、入室。
施術ルームへと案内されます。

用意された椅子に腰掛けると、持ってきてもらったウエルカムドリンクで喉を潤しながらコース説明を受けます。

『Koshigaya Luxury(越谷ラグジュラリー)』さんに用意されるコースは、Luxuryグループ共通となる60分、90分、120分、150分、180分の5コース。90分コース以上は2,000円オフやディープリンパが無料で付けられるというおなじみのサービスも同様でした。

その中から、今回選んだコースはこちらです。

コースと料金コース名:VIPラグジュアリーコース90分コース
コース料金:16,000円
オプション:ディープリンパ無料
合計:16,000円

続いて、紙パンツチェック。
これまでLuxuryグループでは奇跡的に被っていないのでドキドキします。
『Koshigaya Luxury(越谷ラグジュラリー)』さんの紙パンツは……

ブラックのヨコスカブラジリアン!
あぁ。ついに、ついに被ってしまいました。
ブラックのヨコスカブラジリアンは、『Matsudo Luxury(松戸 ラグジュアリー)』さんがそうでした。
でも、これは種類や人気も踏まえれば致し方なし。
逆にここまで被らなかったことを讃えたいと思います。

紙パンツチェックを無終えると、「じゃあ服を脱いでください」とおもむろにタオルで前を隠すねるさん。
脱着サポートまでは言えませんが、タオル1枚隔てた先にねるさんがいる中での脱着に胸のドキドキが止まらないアラフォー男子。
衣服を脱ぎ終え、タオルを腰に巻いてもらったら、シャワー室に案内してもらいます。

シャワーで体をしっかりと清め、紙パンで身支度を整えたら、いよいよ施術開始です。

施術開始

スタートはあぐらの対面座位で始まるLuxury式。
急密着で肩と首をモミモミ。
続けて、うつぶせで寝転ぶと、手のひらで圧をかけながら背中と足のコリをケア。

その細い体のどこにそんな力が?と思うほど、強めの力加減でゴリゴリほぐしていきます。

ヒザを曲げてグーっとモモを伸ばしたら、足裏マッサージ。
グリグリと押していく足ツボが、痛気持ちいです。

全身のコリをほぐし終えたら、頭部側へ移動。
内股でYATAの顔をガッチリとロックします。
ダイレクトに頬に伝わるねるさんの柔肌の感触
早くも興奮を抑え切れません。

そのままオイルを手にとり、背中にオイルイン。
ですが、ここで何となく違和感が。

シュコシュコシュコ。
ヌリヌリ。
シュコシュコシュコ。
ヌリヌリ。
シュコシュコシュコ。
ヌリヌリ。

内股で挟まれているで目視はできませんが、明らかにオイルをとる音が多い。
それにつれて背中がオイルまみれになっていく感じ。
これは間違いなくオイルドバドバ系セラピスト。

背中がオイルの海と化したあたりで、頭をロックした体勢のまま手を伸ばし、紙パンツをくぐってOK2をサワサワ。
さらにグッとヒザまで手が伸び、さらに体を預けるように倒れ込んでグイーっとロングストローク。

この時の引き手の指使い、たまりません。
ヒザ裏から内モモを通ってSKBのキワキワをサワサワ。
OK2の割れ目を走って丘を駆け上ると、仕上げは弾くような爪先フェザー。
指先とはまた違う、強めのゾクゾクとした感覚に体もビクビクです。

内モモを通ってSKB、OK2の順に指先を戻すと、足の付け根にあるわずかな隙間をぬって指先をねじ込み、両腕までグイッ。

抱き抱えるように体を密着させると、SKBのキワキワをグイグイ。
SKBのリンパを掻き出すように何度もストロークを繰り返しますが、これが半端なく気持ちいい
控えめに言って最高です。

ここで頭のロックを外すと、グラインドで腰上に移動。
足の付け根から足元まで一気のロングストロークでオイルをドバドバ。

SKBもトロトロにしたら、オイルで滑りの良くなったYATAのOK2の上をツルンッとスライダー。
一瞬のことでしたが、柔らなOK2の感触にニッコリです。

足元から下半身をオイルまみれにしたら、ここからオリジナル技の連続。
まずはカエル脚。
ですが、ねるさんのカエル脚はヒザを曲げずに行う変形カエル脚です。
脚は伸ばしたまま、片腕を回してお腹の下にグイッ。
ギュッと密着度を増すと、足を絡めて変形マーメイドへとつなげます。
挟み込んだ両足を大きく動かしながら、もう片方の手は水を得た魚のようにSKBのキワキワやOK2、内モモを自由に駆け巡ります。

続いて、変形4TB。
腰を浮かせてできた隙間にスルッとヒザを滑り込ませると、指先をSKB、OK2の際どいラインに伸ばします。
先ほどまでとは一転して、指先をソフトに走らせる緩急に悶絶。
続けざまにOK2に上半身を密着させながら背中、手を伸ばしてデコルテとまさにパーフェクトケア。

そこから起きあがってねるさんの膝上に座ると、すかさず背後からCKBをイジイジ。
この指使いも、思わず声が漏れるほど実に秀逸。

ここで前半戦が終了。
仰向けで寝転んで後半戦に突入です。

YATAのモモ上に跨ってオイルを手に取ると、まずはSKBのキワキワのリンパをグイグイ。
そこからペタンと倒れ込むと、ゼロ距離密着。
ダイレクトに伝わる温かな体温にドキドキも急上昇。
上半身にもオイルをしっかりヌリヌリしたら流れるようにマーメイド降臨。

内側から足を挟み込んで大きく足を動かすと、密着したまま器用にクルッと反転して外側に切り替える二段構えマーメイド。
指先はSKBのキワキワやCKBを際どくサワサワと抜かりなし!
あえて詳しく書きませんが、本当にM(マジ)Y(ヤバイ)K(気持ち良さ)

マーメイドを解くと、閉じた足に跨るねるさん。
上半身全体にオイルを流すと、再びペタンと倒れ込みます。
ここからは恋人同士のような素敵な時間。
添い寝以上の密着状態から、上半身を中心にサワサワ、サワサワと目まぐるしく走る指先にされるがまま。
体を預けて、ただただ快楽を貪ります。

お腹の上で“の”の字を描く腸活施術を挟んで起き上がるとあぐら。
その上に跨った密着体勢で肩や首のマッサージでタイムアップとなりました。

施術を終えて…

オリジナル技をふんだんに盛り込んだ極上施術を堪能させてくれたねるさん。

非の打ち所がない大満足のひと時でしたが聞けば、施術内容は毎回変えているそう。
つまり、ねるさんの施術はリピートすればするほど味わいが増すわけですね。
さらに、時間によっても施術内容は違い、90分よりも120分、120分よりも150分の方が深い施術を堪能できるとのこと。
これはロングコースで足繁く通わないといけません。

皆さんも1度と言わず2度3度とねるさんの施術を体験してみてくださいね。
それではまたネクストレポートでお会いしましょう。

取材・文/YATA

コメント

タイトルとURLをコピーしました