【PETIT COQUETTE(神楽坂プティ・コケット)体験】誘惑的な距離感がタマらない椎名あかりさんの刺激的で幻想的なひと時

体験レポート
プティ・コケット
この記事は約6分で読めます。

今回レポートする「PETIT COQUETTE(神楽坂プティ・コケット)」

俺は千葉県生まれエステ育ち、紙パンはいてるヤツは大体友達♪
いきなり自己紹介ソングから始まっちゃったYo!
どもぉ~、はじめまして。

まずはこちらポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 美容ブログ メンズエステへ

【エステブログまとめ】⇒生殺し体験レポート

エステ(そしてM性感)大好きライターの亦滑訓仁(またなめ・のりひと)と申します。
どうぞお見知りおきください。
挨拶はそこそこに今回の目的のお店はコチラ!

コースと料金コース名:ヌードオイルセラピー 90分コース+オプション
コース料金:16,000円

場所は神楽坂。
地下鉄東西線の出口1を出て右方向に歩いて3軒目にあるビルの5階です。
ビルの下には看板があるので分かりやすいですね!
出口から僅か数十秒です。めちゃ近っ!

もう一つ、オススメのアクセス方法が
JR飯田橋駅西口から右側へ歩き、外堀通りを越えて神楽坂を上っていく方法です。
風情もあるし、いろいろなお店があって実に楽しい♪
時間に余裕があるユーザーさんは、ぜひ!

さて、エレベーターに乗り、5階へ。
階数と共に期待も高まります。チャイムを鳴らすとドアが開き、店内へ。
エントランスからして雰囲気があり、和モダンな感じが早くも癒しを与えてくれます。

椎名あかりさんとご対面

すぐさま待合室へ案内され、「お暑いでしょう?」とお茶とおしぼりを出してくれたのは、今回の担当セラピストである椎名あかりさん。

ショートカットのキュート系なタイプです。
ん? 公式サイトのプロフィール写真と雰囲気が違いますよ?
もしかして……髪、切った?(←俺はタモさんか!)

「はい、先日、カットしました。短すぎですかね?」と少し照れつつニッコリ。

いやいやお似合いです。
ショートカットが似合うのは美人の証拠(俺基準)!
ちなみに公式プロフィールの通り、お顔はモモクロの高城れに嬢に似ています。
と、いうことは、感電するような施術を期待しちゃっても良いでしょうか?

そんな会話をしつつ、メニュー表を見せてくれまして。
今回はお店がオススメする『ヌードオイルセラピー 90分コース』(14,000円)チョイス。そして、オプションで『シルクタッチセラピー』(2,000円)も追加してしまいました。
ちなみに指名料の1,000円は新規割引でオフで、合計16,000円也。

まずは手を引かれてお部屋へ。
和モダンの雰囲気が癒し効果バツグンですね。
驚いたのは広々としていること。これはリラックスできますね。
でも……なんだか彼女のプライベートルームに来た感じでドキドキです。

施術の前にシャワーです。
あかりさんは案内する際、手をつないでくれまして。
なんだか、あまりにもラブラブ感があって嬉しいですね~。

そして、我々、紙パン同盟にとって命の次に大事な紙パンは5種類も用意されています。
お好みのものを選びましょう!
そして、シャワーを浴び終えると嬉しい心づかいが書かれたメモと共にガウンが用意されています。なんだか至れり尽くせりだなぁ~。

施術開始

再び部屋へ戻ると施術開始です。

まずは背面から。
うつ伏せになると、ガッチリとまたぐらホールド。
まずは、あかりさんが肩周辺を揉みほぐしてくれます。
コチラのカラダがガッチガチということもあって、かなり気をつかわせてしまい、
ちょっと申し訳ないなぁ~と思いつつ。「施術のし甲斐があります!」とニッコリ。
いや~、施術はもちろんですけど、この笑顔がカラダとココロをほぐしてくれますね。

この背面への施術は座るポジションの関係で時折、あかりさんのカラダが密着するのですが……ん?

なんなんだ、この感触は?
絶妙なぬくもりを感じるのですよ。
そう思っても、コチラはうつ伏せ。
そして室内に鏡は無いので様子が分からないので想像するしかない……あ!
今回のコースは『ヌードオイルセラピー』でしょ。
と、いうことは、もしかして? と、妄想していたら、
「ヌードオイルセラピーは自然の恵みである植物性のオイル……これをヌードオイルというのですが、それを使用してリンパの流れを整えるトリートメントなんです」とのこと。
そ、そ、そりゃあ、そうですよね~(←妄想が消えて平然を装うアラフィフ男)。

動揺を隠していても、心地よさは隠せません。

たとえば、カエル脚でSKBをほぐされた時には彼女の手が
禁断エリアに触れて、「あうっ!」と唸ってしまいますし、
正座状態で背後からCKB周辺をマッサージされたら「うぅっ!」となってしまいます。

あかりさんは「思うままにカラダをリラックスさせてくださいね」とニヤリ。

この小悪魔的なところもイロイロな個所に効いてきますって!
また、施術の手つきもテンポがいいんです。
そういえば、あかりさんの趣味は楽器演奏ということで、
楽器を奏でるような繊細さに共通するものがあるのでしょう。
そうとなれば、コチラは音色のようにイイ声を出すしかないでしょ!

続いては仰向けになっての施術です。

いや~、これは照れます!
だって、当たり前ですけどあかりさんが丸見えですからね。
しかも、ショートカットなので表情もバッチリ!
視線と視線が合ったら……ドキドキするしかないだろ!
そんな胸の鼓動を抑えるかのように施術が始まります。

前かがみになると、クッキリとしたOP谷間が……ヤバイだろ、この深さ!

そういえば、店名のPETIT COQUETTE(神楽坂プティ・コケット)のコケットはフランス語で
“誘惑”という意味があるのです。
あかりさんの施術の全てが誘惑のようであり、挑発に思えてきます。
近付く谷間にハァハァと唸るしかないです。

今回はオプションに『シルクタッチセラピー』をオーダーしていますが、

これはヌードオイルセラピーで火照ったカラダをしずめるトリートメントです。
より深く、よし繊細に、カラダのすみずみまでリンパを流し、心も解きほぐすというもの。そのフィーリングは深いシルクに包まれるような感じでタマりませんね!
とくに、SKBにされたらリラックスの極致へ誘われます。
頭の中が真っ白に近い状態になりますが、すぐに目を覚まされます。
ビコーズ、なぜならば!
施術の流れで、あかりさんの胸元が目の前に!
これ以上の誘惑はあるでしょうか?
いや、ない(反語的表現)。

カラダはリラクゼーションしているのに、気持ちは高揚する一方です。

だけど、これがメンズエステの醍醐味でもありますね。

施術後、クールダウンというわけではありませんが、

しばしの間、添い寝タイム。
「施術はいかがでしたか?」と、あかりさん。
コチラの肩に顔を乗せてくるので、めちゃくちゃ距離が近い!
もうね、唇の距離感なんて、あと2センチ位で触れるんじゃないかってほどですよ。

この距離感……イロイロな妄想をかき立てられそうで、近過ぎて罪です!

しかし、妄想が暴走する直前でシャワータイムの時間に。

施術を終えて…

サッパリしてお茶を出していただき、素敵な90分は終了ぉ~!
あかりさんは玄関まで見送りにきてくれました♪
その笑顔が名残惜しいので、近々再訪するんだろうな~、きっと。

帰り道の神楽坂をくだるカラダはスッキリとしていたけど、

気持ちのどこかに火照りはある……。
やはり、冷めないうちに再び、この地を訪れるべきだろう。
そんなPETIT COQUETTE(神楽坂プティ・コケット)体験でした♪

文|亦滑訓仁(マタナメ・ノリヒト)

PETIT COQUETTE(神楽坂プティ・コケット)の最新情報やセラピスト情報はこちら▼
【お店】PETIT COQUETTE(神楽坂プティ・コケット)
【セラピスト】椎名あかり

最後にこちらポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 美容ブログ メンズエステへ

【エステブログまとめ】⇒生殺し体験レポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました