【SUAVE~シュアーヴ体験】長い手足でまったり施術!モデル級のスレンダー美人のおもてなしは、癒しと官能のマリアージュ!

SUAVE~シュアーヴ体験:秋田体験取材 体験レポート
この記事は約6分で読めます。

今回レポートする「SUAVE~シュアーヴ」

今回行ってきたのは池袋の『SUAVE~シュアーヴ』さん。
こちらのお店は、昨年2019年末に新規オープンしたばかりの新店。メンエスファンの間では早くも人気沸騰の注目店で、予約満了になることも珍しくないそうだ。

僕も何度かチャレンジして、先日、1月末に予約をゲットしたので、そのレポートとなる。

【お店】SUAVE~シュアーヴ
【女の子】秋田

まずはこちらポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 美容ブログ メンズエステへ

【エステブログまとめ】⇒生殺し体験レポート

まずはお店までのアクセス。
各線「池袋駅」の東口を下車。僕は西武池袋線を利用した。

横断歩道を渡った先にある「マツモトキヨシ」の方向に向かうと、左手に池袋駅東口交番があるので、その間の道をまっすぐ進む。


次は「三井住友銀行」に到着。手前の道を右へ。不動産会社の「スマナビ」と「はなまるうどん」との間を進むと「南池袋公園」に着くので、ここから『SUAVE~シュアーヴ』に電話。

お店のスタッフさんに案内されたのは、南池袋公園のすぐそばにあるオシャレなマンション。
指定の部屋の前に着き、扉を開けると、上品な雰囲気のお姉さんが登場。今回指名した“秋田”さんだ。

秋田さんとご対面

僕「どうもでーす」
秋田さん「こんにちは。今日はよろしくお願いいたします」

言葉遣いも上品だ。丁寧でおっとりした口調に育ちのよさが感じられる。
衣装は胸元が大き目に空いたミニ丈の白ワンピ。モデル系のスレンダーボディによく似合ってるし、とってもセクシーだから、ついチラチラ見してしまう。

【女の子ツイッター】
https://twitter.com/SUAVE79725154

セラピストが上品なら、通された部屋も上品。そしてオシャレ。
アクセントに観葉植物をしつらえたり、タオルを収納するスペースまで部屋の飾りになっていたりと、まさに「センスのいい女の子の部屋」といった感じである。

個人的にうれしかったのは「ウェルカムボード」が飾ってあったこと。
予約すると用意してくれるそうだが、こうやって歓待されると気持ちがいいものだ。


椅子を勧められて寛いでいると、温かいミルクティーのウェルカムサービス。

秋田さん「秋田です。今日はよろしくお願いします」
僕「ここのお店ってセラピストさんの名前が名字なんだね。秋田さんの名前の由来は?」
秋田さん「お店のみんなに決めてもらったんですけど……あの……美人が多いと言われている“秋田県”から付けてもらいました」

これには納得。秋田さんはかなりの美人さんだからである。恥ずかしそうに答えてくれた笑顔がこれまたかわいらしい。透き通るような色白の美肌にも“秋田美人”っぽさがあるってものだ。

そんな感じで、しばらくまったりトークを楽しんでからコースを選び料金を支払う。本日は90分コースをチョイス。

コースと料金コース名:スタンダード90分
コース料金:13,000円

シャワーを浴びる前に、秋田さんから施術のときに履く紙パンツの説明を受ける。

秋田さん「うちのお店、紙パンツが3種類あるんですよ。紺色ノーマルブリーフタイプ、黒色ふんどしゆるゆるタイプ
、白色Tバックスケスケタイプです」
僕「おすすめは?」
秋田さん「お店としては“白”なんですが、私的にはいろいろハプニングがある“黒”ですね」

ハプニングという言葉を聞くと、どんなことがあるのか期待してしまう。当然、秋田さんのオススメを選んだ。

尚、お店がオススメする白の紙パンツは、オイルを垂らして、時間が経つとあら不思議。そのご確認はぜひお店でどうぞ。


施術開始

シャワーを浴びて部屋に戻ると、さっきまで明るかった部屋はムーディーな照明に。
ベッドを見ると、犬のぬいぐるみが置かれている。名前は“ブルちゃん”というらしい。

秋田さん「ブルちゃんみたいに寝てくださいね」

というわけでブルちゃんのようにうつ伏せになって施術スタート!

最初はウォーミングアップがてら、上半身から下半身へとゆっくり指圧。
続いてオイルを投入。左右の足先から肩口にかけてマッサージをしながら隅々まで塗ってくれる。

秋田さん、僕の脚をいわゆる“カエル脚”にしたかと思うと、自分の脚をカニ挟みの形に絡ませて、ゆっくりマッサージをする。彼女の太ももより少し上のあたりが当たっているみたいだ。“少し上”がどこかはご想像にお任せする。

ここで不意に「欲求不満なんですよねー」とささやく秋田さん。僕、ドギマギ。
話題をそらすように「初デートで行くならどんな場所がいい?」という質問をしてみた。

秋田さん「あ、温泉行きたいです。富士山も見たいですね」
僕「初デートで温泉? もしかして泊りですか?」
秋田さん「いきなりじゃダメです? 最近、欲求不満で……」

二度目の欲求不満発言にテンパってしまい「そ、そうなんですか」としか返せなかった。情けない……。

そういえば前述した彼女の衣装、背中スケスケなのだ。めっちゃ色っぽいのである。そんな格好の美女に誘惑するようなことを言われたら、そりゃあドギマギするだろう。

で、お次は太ももから始まるSKBのマッサージ。順に、背中、OK2をマッサージ。
円を描くようにゆっくり丁寧にサワサワされてOK2がだんだん温かくなる。これは下半身の血がたぎっているのかなんなのか。とにかく気持ちいい。

そして「では4TBになってください」と促される。
4TBでのSKBマッサージに入ると「目をつぶってください」と秋田さん。彼女も無言になったので、より施術に集中できる状態だ。

そのままバックの体勢からSKBを通過して、お腹、胸もマッサージ。目をつぶっているだけにどこから手が伸びてくるかわからず、それがまた興奮する。あまりの快感に思わず声が漏れてしまったもんだから、恥ずかしくなって「お客さんの反応って気になる?」と僕。

秋田さん「気になりますし、しっかりお顔も見ますよ。恥ずかしがってくれるお客様は最高です。それに言葉に出さなくても反応してくれてたらうれしいです」

その言葉通り、クライマックスのSKBケアのときの彼女は、僕の顔もSKBもじっくり見ながらの施術。じつに官能的なほほ笑みを浮かべていた。これはもてあそばれてる感がすごい!

秋田さんは「わたし、リーチが長いからマッサージのストロークも長いんですよね」と教えてくれたが、たしかに、一度のストロークで深く広いマッサージを味わえるのも彼女の魅力だと思う。

そしてふいに放り込んでくる、誘惑のささやき……。紙パンツが何度ハプニングを起こしそうになったかわからない。いや、もしかしたら起こしていたかもしれない。何せ仰向けで施術していた最中、何度も何度も僕の紙パンツのズレを直してくれていたので。

施術を終えて…

施術の全工程が終了後は、僕のカラダを抱きあげて起こし、バスルームに行く前にオイルを丁寧に拭いてくれた。

秋田さん「あ、ここにもついてましたね」
僕「あー、大丈夫! そこは、そこは僕、自分で拭くから!」

最後まで誘惑的で挑発的で、とことん官能的な秋田さんであった。

文|マー坊

SUAVE~シュアーヴの最新情報やセラピスト情報はこちら▼
【お店】SUAVE~シュアーヴ
【女の子】秋田

最後にこちらポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 美容ブログ メンズエステへ

【エステブログまとめ】⇒生殺し体験レポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました