【む・む・むSPA体験】ハマの黄金ルーキーセラピスト『柴崎さん』とひと夏の思い出

体験レポート
この記事は約6分で読めます。

今回レポートする「む・む・むSPA」

こんにちは。ヌル舘一朗です。
本日は台風一過ということもあり、誰もが認める猛暑日でした。

【お店】む・む・むSPA
【セラピスト】柴崎

コースと料金コース名: 90分コース+オプションむむむ③
コース料金:90分14000円
指名1000円(初回無料)
オプション3000円

まずはこちらポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 美容ブログ メンズエステへ

【エステブログまとめ】⇒生殺し体験レポート

更には電車も朝から運転見合わせだの遅延だのってことで、改札から人がごった返していました。

予約〜お店到着

待ちに待った電車が来るやいなや、目を血走らせたOL・サラリーマン・バンドマン達が強引に乗り込む様子は、現代の日本の縮図なのかもしれません。

なお私は運悪く先月の海で泥酔サッカー中に派手に転んで生まれて初めてアバラを痛めてしまったため、「とにかく人に当たらないように」を信念に電車に乗り込むものの、満員電車という社会の渦に巻き込まれていくのでした。

結果、マダムのカバンがアバラにクリーンヒット。

「!!!!!」

冷や汗をかきながら出社。
14時に予約ということなので直ぐに会社を出て横浜へ。

体温並みの空気をかき分けてマンションへ到着。

柴崎さんとご対面

柴崎さん『あ、こんにちは(^^)』

若い!

そういえば情報では18才とのことだから、私とも軽く干支は一周以上しているわけでして。。
ドアを開けた柴崎さんの立場からすると、
『なんだ、この気温に負けた汗だくメガネは。。』
と思ったに違いありません。

そんな気持ちを微塵も見せない柴崎さんにただただ感動するばかりでした。

柴崎さん『取材って初めてなのでなんだか緊張しちゃいます。。(^^;』
ヌル舘「取材とか意識せずに普段通り施術してくれれば問題ないので!!」
と三流のベテランみたいなコメントをクールに返しながらも、
見た目は完全な汗だくメガネ。

どこまで説得力があったか今でも疑問が拭えません。
お茶を出して頂きシャワールームへ案内。
ブレスオン!!
いやー、牛丼を丸ごと頬張ってきた私にはたまらないアイテムです。
やっぱり距離感近いと自分のオイニーは気になりますからね。

入念にシャワーした後に入念にブレスオン!!
更にはフンドシ紙Pもケツにオン!!!
「。。。。」
ダメですね、韻を踏もうとしましたが全く上手く行かずに諦めました。

〆切迫っているのでこのまま押し切ります。

施術開始

部屋に戻ってうつぶせになります。
タオルをかけてもらい、全身の指圧から。

柴崎さん『強さのお好みありますか?』
ヌル舘「え、お好み?」
柴崎さん『ええ、強めが良いとか弱めが良いとか。。』

そりゃそうだ。。
なんでこんなことを聞き返したのかは分かりませんが、若人を困らせてしまったことに間違いはありません。

ヌル舘「じゃあ強めで!」
アバラを痛めているのにリスクある回答を出したのは自分への戒めです。
元々強めが好きっていうのもありますが。

柴崎さん『分かりました!』
うん、意外と力が強いのにはびっくり!!
153センチと小柄な割にはグイグイ来ます。

とりあえず緊張してそうなのでタイムリーな話題を振ってみることに。
ヌル舘「いやー朝から電車の遅延にハマっちゃって。。」

柴崎さん『あー!昨日の台風すごかったですよね!!もう風がすごくて怖かったです~(^^;昨日も出勤してたんですけど店長から22時にあがっていいよって言われて。。』

ヌル舘「電車も止まったみたいだしヨカタんじゃない?」

柴崎さん『そうですね!けど夜中にココア飲んでたら急に牛乳飲みたくなっちゃって。。外に出ようとしたんですけど吹き飛ばされそうだったんで諦めました。』

ヌル舘「wwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
牛乳の欲に負けて大怪我しなくて良かったなあと思いました。

指圧後はホットオイルで下半身からマッサージ。
片脚ずつ丁寧にマッサージしてくれます。
聞くところによると、入店したのがだいたいGW明けくらいで、メンズエステも初めてだったとのことです。

つまり高校卒業してすぐに入店したということになるわけですが。。
そういうことを考えるとイケないことをしているように感じてしまうのでヤメましょう。

柴崎さん『それじゃ片脚曲げてもらっていいですか?』

ひょいっと曲げると、18才とは思えない深いストロークが始まります。

柴崎さん『SKBのマッサージって単純なようで難しいんですよね、みなさんどうやってるんだろう。。』

ヌル舘「太ももで挟んで持ち上げるパターンとかありますね。」
柴崎さん『え?それどうやるんですか?』
ヌル舘「こっちが脚を浮かしてそこに脚を入れて。。」

ピキ!!!!!!

はい、攣りました。余計なことするもんじゃないですね。

もう片脚のカエル脚もルーキーとは思えない施術を展開していきます。

柴崎さん『ところで私〇ק@℆なんです!』
ヌル舘「wwwwwwwwwそれこのタイミングで言う?wwwwwwww」
思ってもいない衝撃発言にカエル脚がよじれる私。

結果的に脚の間に入っている柴崎さんの指先が振動してSKBにフェザータッチ。
完全にセルフバイブですね、ワナにはまりました。

4TBタイムも柴崎さんの爆弾発言のオンパレードにハムストリングス崩壊寸前です。
ハマの10代こそ文明開化だなと改めて思いました。

背中のオイルマッサージも終わった後に仰向け。
私の頭上に移動し、スーパーデコルテタイム。
腹回りからオイルをタップリ塗って乳房へダブルストローク。

この辺に差し掛かってくると欲望と背徳心が入り乱れて頭の中が混乱してきます。
こんなに混乱したのは絶対に付き合えると思った子に告白して翌日にLINEで断られた時以来ですね。

デコルテの後は両脚の間に移動してSKBのオンパレード。

長い長いSKBの間に時折TAMATAMAをかすめるイタズラな手つき。
駄目だこりゃ、これからの日本は安泰じゃわい。
柴崎さん『ここで終了となります!ありがとうございました(^^)』

ヌル舘『(;´Д`)』

施術を終えて…

スポーツ界において引退後の選手に問われる質問。

「プロ選手のチームの監督をやってみたいですか、それともアマチュアの指導者になりたいですか?」

『んー私には小学生の息子がいまして。昨日できなかったプレイが今日になって出来るようになってたんですよ。あの感動を味わえるのはこの世代の指導者の醍醐味だと思うんです。なのでプロになるための土台作りを手助け出来る立場に身を置きたいですかね。』

柴崎さん、確実に伸びしろありますよ。

文 |ヌル舘一朗

【お店】む・む・むSPA
【セラピスト】柴崎

最後にこちらポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 美容ブログ メンズエステへ

【エステブログまとめ】⇒生殺し体験レポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました