【GranClass~グランクラス~体験】顔面偏差値高すぎ美女!モデル級ボディ密着の誘惑施術で極上すぎるひととき

体験レポート
この記事は約6分で読めます。

今回レポートする「GranClass~グランクラス~」

リフレ好きの皆さん、初めましてのこんにちは!
このたび『紙パン同盟』に加入した“古川Q太郎”と申します!

平成生まれ、関東在住、若いコも年上熟女も大好きで、街を歩けば常にエロ目線! 『紙パン同盟』の偉大な諸先輩方の背中を追うべく、積極的に体験ルポを寄稿したいと思っておりまする。

まずはこちらポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 美容ブログ メンズエステへ

【エステブログまとめ】⇒生殺し体験レポート

記念すべき(?)第一弾に選んだメンズエステは、東京・蒲田にある『GranClass~グランクラス~』!

【お店】GranClass~グランクラス~
【セラピスト】あん

予約〜お店到着

JR蒲田駅東口改札を出てお店に電話。スタッフの案内で指定のルームへ。説明がわかりやすくて駅からも近かったので、迷わずにすぐ到着することができた。

が、じつはちょっとばかり不安もあった。

というのも、この日のお相手となる“あん”さんは、俺が遊びに行った10月某日の時点で、まだ入店2日目。ホームページに写真も載っておらず「ひょっとしたら、ひょっとするかも……」と、ネガティブな想像をしていたのだ。

あんさんとご対面

しかし玄関のドアが開いた瞬間、まるで宝くじに当たったかのような感覚に見舞われた。

めっちゃキレイ!
めっちゃ色っぽい!
美人、上品、超好み!

顔面偏差値が高すぎるうえに、まるで一流企業の秘書のような凛とした佇まい。そのうえスラリ高身長のモデル級スレンダーボディ! これはいわゆる“ワンランク上のイイ女”ってやつだ(表現が下品ですいません……)!

心の中で何度もガッツポーズを繰り返しながら、彼女の案内で部屋に通される。
シンプルながら落ち着けるインテリア。BGMも心が安らぐヒーリング系だ。どこかで聞いたことあるな。この歌、誰だっけ。
そんなことをぼんやり考えながらソファーに腰かけ、あんさんが出してくれたお茶で緊張をほぐしつつコースを確認して料金の支払い……あ、そうなんです。俺、彼女があまりにも美人すぎて緊張してたんです。

緊張のせいで「はい」「そうです」「わかりました」といった無機質な返答に終始。手足のネイルがキレイだったことをよく覚えているのは、きっと恥ずかしさのあまり彼女の顔から視線を外していたからだろう。

最初にシャワーを浴びるために、あんさんが渡してくれたバスタオルを受け取るときも「あ、ありがとうございます」みたいに、やや上ずった声を出していたと思う。まるでDTである。
コースと料金90分コース+グランリンパオプション
コース料金:14,000円、オプション料金:2,000円、指名料金:1,000円(初回無料)
合計:16,000円

バスルームはとても清潔で、綿棒、ボディタオル、リステリンなどアメニティも充実。
しっかり身を清めて、あらかじめ用意されていたTバックタイプの紙パンツを装着。

しかしなぜか準備に焦ってしまい、紙パンツを履く位置を間違ってしまった。部屋に戻ったときに、あんさんから「間違っていますよ」と優しい笑顔で指摘され、慌ててバスルームへ逆戻り。恥ずかしい……。まだ緊張してるのか、俺。

施術開始

まずはマットにうつ伏せに……と思ったら「あぐらをかいてください」と彼女。瞑想する修行僧みたいだなどど思いながらあぐらをかくと、対面座位のかたちで、あんさんが俺の上にまたがった! おおお、まじか!

「室内、暑くないですか?」の気遣いに「はい」としか答えられない俺。恥ずかしいやら、情けないやら。

その体勢のまま軽い肩もみから施術スタートとなったわけだが、もうね、初っぱなから顔が近い! リステリンが置いてあった意味を理解した。ちゃんとクチュチュしといてよかった。

続いてはうつ伏せ。その目の前に、ミニスカート姿のあんさんが座り込んだ!
いわゆる「蹲踞(そんきょ)」の姿勢。相撲や剣道で、対戦前に相手と構え合うときの格好を想像していただきたい。ひざを開いて深く曲げ、かかとを上げた形で上体をまっすぐにしたアノ格好だ。つまり絶景! た、たまらない!!

しかしこれは、ほんの序の口に過ぎなかった。

絶景を拝みながら上半身を指圧したのち、あんさんが足元に移動して、下半身も念入りに指圧。で、そのあとはオイルマッサージに移行して、左足から揉みほぐしてくれたのだが、待っていたのは極上すぎるひととき。

うつ伏せで片側をカエル脚にされ、横から美脚を絡ませてカニばさみ。オイルを多めに使用して、あんさんの秘部と太ももをニチュニチュと擦り合わせるスペシャル施術!

すべすべの色白美肌……。
細身だけどやわらかな太もも……。

そのあまりの密着感に「二人とも裸なの?」と錯覚してしまう。しかも太ももを挟んだままOK2のマッサージへ。ときおり挟むフェザータッチに全身のゾクゾクがとまらない!

「お客様には『満足いただけてるか不安なので、気持ちよかったら声に出してくださいね』とお伝えしていますが、無口な方も多いですから、満足度をはかるために紙パンツをチラ見して“気配”を感じとる能力が身につきました」と話してくれた、あんさん。

「“上手くいってるとき”はアソコが……いえ、胸がアツくなります」

そんな“言葉責め”を受けた俺の紙パンツも、ナニかが突き破りそうな勢いでテントを張っていたのは言うまでもない。

あんさんはマッサージの腕もスペシャル級。指圧の1つひとつが、とにかく気持ちいいのだ。聞けば、もともと銀座のメンズエステに在籍。昼職で女性向けエステの仕事をしていたこともあるのだとか。そりゃあ本格的だよなあ、と納得。

とまあ、そんな感じで密着施術を受けているうちに、だんだんと緊張がほぐれ、ようやく会話を楽しむ余裕がでてきた。たとえば「ラーメンとお酒が大好き」で、「以前は週5のペースでラーメンを食べ、家では晩酌を欠かさなかった(笑)」とか。抜群のスタイルからは想像もできない食生活!

「だから体型が気になって、半年前からダイエット始めたんですよ。体調管理を兼ねて、家飲みはやめましたし、ラーメンも週1回に……(笑)。最近は豚汁を自炊して、大量に作り置きしてます」

そして「気持ちよさそうにしているお客様の姿が好き」なんて話も……。

「感じている男性ってかわいいですよね。私がドMなんで受け身好きの方の気持ちもわかりますよ(笑)」

心が解放された瞬間である。よし、本能の赴くままに声を出そう!
後半戦も刺激たっぷりにスタート。
OPをぴったり密着させた背中のマッサージを経て、4TBからのOK2、SKBをガッツリ揉みほぐし。OK2にもOPが当たり、その弾力をたっぷり堪能できる。

続いては仰向けになり、あんさんが俺の上にまたがって、目の前にOK2を向けた格好で4TBになる。いわゆる69ポジションですな。で、足元から徐々に上昇して、お腹、CKB周りも念入りに。オイル多めでニチュニチュ、モミモミ……。

ここでまたスペシャル施術!

仰向けのまま膝を立たせて股をオープン! 例の“太ももカニばさみマッサージ”をしながら、SKBを丹念にマッサージ! そしてしなやかな指先はSKB経由でお腹に伸びるのだ。テントの下をくぐりながら……。

あんさんが気配を察するまでもなく、俺の満足度はフルマックス。あまりの快楽に悶え鳴いていたはずである。

施術を終えて…

その後、脚をまっすぐ元に戻すと、彼女は腰の上にまたがり、お腹、首、デコルテ、手のマッサージをして終了。シャワーを浴び、お茶を飲んでから部屋を出たわけだが、あまりにも幸せなひとときに、後ろ髪を引かれる思いでいっぱいだった。

ちなみに帰り際、彼女がこっそり教えてくれた。

「じつは、腰にまたがっているときに“硬い意思の持ち主”か確認してるんですよ……♪」

文|古川Q太郎

【お店】GranClass~グランクラス~
【セラピスト】あん

最後にこちらポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 美容ブログ メンズエステへ

【エステブログまとめ】⇒生殺し体験レポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました